腹腔鏡下手術

開腹せずにお腹に5~10mm程度の小さな穴を数か所あけ、そこからお腹の中にカメラと手術器具を入れ、中の様子をモニターに映しだし、その映像を見ながら手術を行います。開腹手術と比較すると

  • 傷が小さく目立たない
  • 術後の痛みも少ない
  • 入院期間が短い
  • もとの生活に早く戻れる

といったメリットがあり、近年普及してきている手術方法です。当院では子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮内膜症、子宮外妊娠、不妊症などの疾患を対象に腹腔鏡手術を行っています。麻酔は全身麻酔で行います。

当院について

日本産婦人科内視鏡学会内視鏡技術認定医