医療法人福住産科婦人科クリニックlogo お問い合わせ 011-836-1188

和痛分娩

和痛分娩のご案内

個人差のある痛みに対応できる… 和痛分娩
陣痛が来てから、痛みを感じないように、痛み止めの薬(麻酔薬)を使用する方法です
(痛みが全くなくなるわけではありません、痛みを和らげる方法です)。
陣痛が来た産婦さんは、「私は陣痛に耐えられるのかしら?」と不安になられます。
当院では、ソフロロジー法と並んで取り組んでいるのが和痛分娩です。
実際には和痛分娩をお受けにならなくても、
「痛みが強いときには和痛分娩という方法で抑えられる」
安心感をもってお産を迎えて頂きたいと願っています。
和痛分娩

硬膜外チュービングによる 和痛分娩

当院の和痛分娩は、硬膜外麻酔という方法使って行っています。
背中から脊髄の近くに細いチューブを通し、そこから麻酔薬を注入します。
その結果、「下半身の痛みがなくなったり、軽くなったり」します。

硬膜外チュービングによる 和痛分娩のメリット

  • 陣痛の苦痛感が軽くなります
  • 意識がはっきりしているので、赤ちゃんの誕生の瞬間も見ることができます
  • 分娩後の回復が早い傾向にあります
  • 縫合時の痛みがありません
費用について
     50,000円

産科婦人科
ホーム  | 産科  | 分娩について  | 和痛分娩