女性特有のがんは、40~50歳以降に多くみられますが、最近では若い女性にも増えています。定期的に検診を受けましょう。

子宮頸がん

子宮の入り口付近(頸部)の粘膜にできるがんで、若い女性にも比較的多くみられます。初期はまったく無症状ですから、1~2年に一度検診を受けることをお勧めします。

子宮体がん

子宮の内膜にできるがんで、子宮内がんとも呼ばれます。主な自覚症状は不正出血ですが、 無症状の場合も多いので、定期的に検査を受けましょう。