避妊相談

ピル・IUD・コンドームなどの方法があります。それぞれの特徴をよく知って、自分に合った避妊をすることが大切です。わからないことはお気軽に相談してください。

ピルについて

実際に服用するときの注意
  • 月経3日目以内から開始して下さい。1錠/日内服(多くは21日内服、7日間休薬)
  • 飲み忘れや、間違った服用法で避妊に失敗する確率は約8%とされていますが、正確に内服するとほぼ100%避妊できます。1~3日飲み忘れた場合は、すぐ再開してその周期は必ず他の避妊法を併用して下さい。
  • 年に1回は性感染症、貧血、肝臓機能検査、子宮ガン検査などを受けることをお奨めします。
その他、気に留めて頂きたいこと
  • 脱水に注意しましょう。
    ピルはほんの少しだけですが、血液濃縮(ドロドロ血)の傾向になることがあるとされていますので、適度な水分補給を心がけましょう。ピルを飲んでない人でも、男性でも、若い健康な人でもドロドロ血になり、最悪の場合には血栓症(下肢、肺、脳などに血が詰まる「梗塞」のこと)を起こす可能性がありますので注意しましょう。
    ※ 喫煙者は基本的に内服できません

OC・低用量ピル

OCとは「Oral Contraceptives」の略で、「低用量経口避妊薬」または「低用量ピル」のことをいいます。低用量ピルは卵胞ホルモンと黄体ホルモンという本来卵巣から分泌されているホルモンを内服することで、下垂体から分泌されるホルモンを抑制し、卵胞を成熟させなくします。同時に頚管粘液の性状を変化させ精子の進入を阻止し、さらに子宮内膜にも影響を及ぼし着床することが難しくなり、避妊効果を高めてます。