婦人成人病治療

婦人成人病は、更年期以降は特に注意が必要ですが、若い人にも増えています。医師に相談しながら生活習慣の改善を心がけましょう。

高血圧

遺伝的な体質に食生活やストレスなどさまざまな環境因子が加わって起こります。塩分の取りすぎや食べ過ぎによる肥満、ストレスに注意して、食生活を見直し、適度な運動をしましょう。

高脂血症

女性ホルモンにはコレステロールの増加を抑える作用があるといわれています。更年期以降は、血液中のコレステロールや中性脂肪が増え始めます。増えすぎると高脂血症になって、動脈硬化の原因になります。高血圧や心筋梗塞、脳梗塞の危険も高くなります。

糖尿病

インスリンの働きが不十分なために血糖が異常に増えてしまう病気です。原因は遺伝的な体質に加えて、肥満や運動不足などです。初期症状がないので、定期的に検診を受け血糖値をチェックしましょう。