子宮内膜症

本来、子宮内膜組織とは子宮の内腔にあり月経時には出血とともに剥がれ落ちる性質があります。これと同様の組織が本来あるべきでないところ(子宮筋層内、子宮・卵巣・卵管の中や周囲など)に紛れ込んで増殖しているのを子宮内膜症といいます。原因は不明です。診断は多くの場合腹腔鏡などで直接腹腔内の観察が必要です。

症状 月経痛、腹腔内癒着による痛み、卵管性不妊など
治療 腹腔鏡下に癒着剥離、病変焼灼や切除卵巣チョコレート嚢腫なら穿刺吸引・アルコール注入など、進行を抑える治療として薬物療法もある程度有効
予後 一時的に改善してもしばしば再発します。軽症でも不妊原因となり結局体外受精が必要となるケースがかなりあります。